このボタンおせば 音楽かなでる

音のこと、その他、気まぐれて更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「35歳を救え」

最近、この本を読了しました。

4484092433“35歳”を救え なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低いのか
阪急コミュニケーションズ 2009-11-28

by G-Tools


以前に読んだのがこれです。

4022503092ロストジェネレーション―さまよう2000万人
朝日新聞社 2007-07-06

by G-Tools


前者は、リーマンショック後に、『NHK「あすの日本」プロジェクト』、後者はリーマンショック前に、『朝日新聞「ロストジェネレーション」取材班』が書いたもの。新書なのに、どちらもそれなりに読みやすく編集されてました。内容は別として、本としては伝えたいことが伝わってくる。読み応えがあります。さすがはマスメディアがこれまで培って来たモノが生きてるなと思います。


では、読了した『35歳”を救え』について。
ほぼこの世代にあたる私は、ブックカバー無しで電車の中やホーム等で読み続けました。35歳世代を主張するように。この本読んでる人間見かけたことがあれば、私かもしれません。

ただ単に現状を伝えるだけでなく、色んな35歳世代の取材を元に描かれています。ただ、取材対象の方の置かれてる状況がバラバラなので、一概にどうとは言えないかと思います。

それだけ生活スタイルがバラバラの世代であることも事実であって、言いたいことをまとめてるようでまとまってない。誰も正解はわからないのだから。でも、自身の世代についての一部を知ることができました。失敗世代です。はい。

一応、未来への提言みたいなことも書いてありましたが、それで救えるとも思えないです。置かれてる状況も人によって違うし。ただ、35歳世代も、そうでない世代にも知って欲しい内容です。最もシゴトもカネも動かさないといけない世代。人に投資することがどれだけ重要か知って欲しい。

40歳以上の世代には申し訳ないですが、その世代で正社員なり安定した収入を得ている方々には、このデフレスパイラルで、その金がどこから捻出されてるか、雇用がどの世代に回るとこの国の経済を支える事ができるのか、知って欲しい。ベースアップなんて要求してる労組は消えて下さい。年功序列なんて終わらせて下さい。

このままだと、私は結婚や出産考えて無いし、人口が減り、経済の縮小した国家になっていくのかな?小さい国家にしたらやていけるのかな?

ちなみに、同世代のホリエモンは、救い用の無い馬鹿だと思ってます。短絡的に金を動かすことしか考えて無い。金以外でも人の心を動かして結果経済動くことを知って欲しい。この世代の恥です。

あまり内容に触れませんでしたが、この2冊を読む事で、視野が少し広がりました。もっと色んな事を知って、自分の人生について考えたいと思ってます。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/03(月) 00:48:18|
  2. LostGeneration
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロストジェネレーション研究中「35歳を救え」

今度はこんな本手に入れてしまいました。
4484092433“35歳”を救え なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低いのか
阪急コミュニケーションズ 2009-11-28

by G-Tools

  1. 2009/12/29(火) 20:12:14|
  2. LostGeneration
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロスジェネカテゴリー作っちゃいました。

先日のエントリーで書いた、「ロストジェネレーション」読み終えました。

朝日新聞の用語として使われてた段階では、この言葉を用いる気は無かったんですが、政府の文書に記述されるようになっては無視できない。

2007年発行、取材がそれ以前(2006年~2007年)であることを考慮に入れて。
多くの本は、発行から数年経った程度では、十分新しい部類に入ると思ってるんですが、この2~3年で、世の中変わっちゃってるからなあ。ここ数日でも円高がトップニュースに急浮上してるし。ドバイショックなんですね~。それだけ敏感に動く世の中で、自分の将来を安心して生きられない。でも、ロスジェネ世代は着実に、中枢層となっていく。

「ホリエモン」という言葉が何度も出て来ますが、放送業界の人間としては、放送局の株主になろうとしてる頃から大嫌いでした。でも、この体質の古い業界を揺り動かす可能性があることに、驚愕した。様々なパーソナリティーを持つこの世代のひとりとしては、認めてもいいのかな?振り返って考えると。

私が今してるシゴトって、次の世代が育つための基盤作りではなく、団塊の世代がシゴト続けられるような環境づくりの意味合いが、強いかと思ってる。東野圭吾氏が、「定年70歳にすればいい」と著書に書いてたなあ。労働意欲はあって、それなりに新しい知識や技能を得る能力があったり、既に認められてたり(認められるの基準がわからんけど)、その一方、カネを消費する必要性(結婚・子供・住宅など)に迫られてるロスジェネ世代。労働意欲があるのに、雇用や収入が充分に得られない世代。団塊を中心とする世代の組織概念は影響力ありすぎ。我々は使い捨てされるのか。さようなら。





では終わりません。
カテゴリー作ったので、ロスジェネもシリーズ化します!
まだ書きたい事ありますが、次回以降で。
  1. 2009/11/27(金) 22:11:54|
  2. LostGeneration
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。