このボタンおせば 音楽かなでる

音のこと、その他、気まぐれて更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テレビを見る-ワールドカップアジア最終予選 北朝鮮0-2日本

僕の場合、ホームチーム(第三国での開催だったけど)を左側に書くのでこんなタイトルです。スポーツはナショナリズムだと思ってるので、当然日本代表応援してますよ!

試合内容とかはあちこちのメディアで流れてるので、あえて書きません。
日本代表W杯出場万歳!

この試合、ワールドカップ出場かかってたので、注目するのは当然ですが、テレビ局音屋さん的には他にも注目すべきところがあったのです。

無観客試合。

僕はサッカーや野球の試合見るのは好きです。仕事でサッカーの試合中継やることもあるので、そんな試合の中継は見るときは、(楽しむ)8:2(仕事)ぐらいで見てます。

試合を楽しんだり日本代表を応援するのは、サッカーが好きな人やナショナリズムとしてスポーツを見てる人には当然ですよね。
では、このブログ的には残り2割について書きたいと思います。

僕は、野球の試合だと、会心の当たりの打球音や、球威のある投球がミットに収まる音、サッカーの試合では、キックの音や、ゴールポストに跳ね返る音、選手同士が指示出し合ったり気合入れたりする声、プレー中に思わず発声する声や呼吸の音、トラック競技では選手の走る足音など、そんな試合に集中してる選手たちのプレーの音を強調するのが好きです。生観戦も迫力あると思いますが、歓声にかき消されて試合の中で出される音が聞こえてこない。それをテレビで表現したい。生観戦も良いけど、スタジアムに行けない人にはテレビを通して別の付加価値を提供したい。そんな風に思ってます。もちろん観客の歓声なども広がり感のある音として入れたいんですが、歓声が奥の方で、試合の音が手前に感じるようなミキシングのバランスがベストだと思ってます。(あくまでステレオ放送の場合。サラウンドだとまた違ってくる。)
でも、なかなか難しいんですよね。特に観客が多いと。打球音を拾うはずのマイクから、ほとんど歓声しか入ってこなかったり。自分の意図に近づくようにスタンドの音と、フィールド上の音のバランス取るのは本当に難しい。あと、ガンマイクの軸上にあるかどうかや音源との距離でオンオフ感が違うんですよね。以前トラック競技で、足音が欲しくてマイク足元に近づけるよう指示したら、全体のバランス崩して先輩社員に怒られました。
そんな僕にとって、今日の無観客試合は、本当に欲しい音が取れる試合になるのでは?と期待を寄せてました。

テレビでサッカーなどの試合見るときって、職業柄どうしても置きマイクの配置見てしまいます。国際Aマッチにしては少なめかなあと思ったけど、現地の事情知らないので、あれが精一杯だったかも知れません。
無観客試合、たしかにプレーの音はよく聞こえました。でも、ガンマイクの軸上にあるかどうかでオンオフ感が良く分かって、今まで歓声にかき消されて分かり難かったけど、今回の中継見てよく分かりました。勉強になった。
あと、スタジアムの外から聞こえるサポーターの応援の音が変な感じ。かなりオフなので聞き慣れない。まあこんなもんかと思いつつ。
それから、全体的に高域が無いんですよね。帯域が狭い、AMラジオのような音だった。現地のシステムがよくわかってないですが。こうせざるを得なかったのか。途中でモニター用ヘッドフォンで聴いてみたら、高域にノイズ(雑音)乗ってました。多分回線引き伸ばしてるから、そこで乗っかってきたのかな?それを目立たなくするために高域カットしてたのかと思います。テレビのへなちょこスピーカーではわかりませんでした。
せっかくプレーの音が聴こえたけど、帯域の狭さで迫力半減。でも、現地のスタッフは精一杯やったと思うので、仕方ないと思います。テレ朝も、現地と国立競技場と、六本木スタジオなど結んだ大掛かりな中継で、大変だったと思います。この感動を日本のお茶の間に届けてくれたテレ朝に感謝!
スポンサーサイト
  1. 2005/06/08(水) 23:23:42|
  2. Other

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。