このボタンおせば 音楽かなでる

音のこと、その他、気まぐれて更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テレビ局での音屋さんに対する理解度

テレビ局で音声の仕事してる人の多くが感じてると思いますが、周囲が音の中身のことわかってない!
まあ仕方無いんですが・・・。マニアックな仕事なので。

やはりテレビは映像メインなので、ディレクターも、スイッチャーやカメラマンに対しては「次このツーショット撮って」とか、「このサイズ、変だからこう撮って」とか、「このカットの次はこういうカット行くよ」とか本番中に指示されたり、事前の打ち合わせ段階でカット割り決めたりすることは多いです。たまに映像のことも全然分かってないディレクターも居ます。
音声に対しては、ちゃんと出演者の声が聞こえて、SE(効果音)やM(音楽)がちゃんと出てればそれで良いみたいな風潮があります。突然マイクの本数増やさなきゃいけない指示がきたりして慌てて用意することも。
ミスをすれば怒られ、褒められることはほとんど無いです。そんな身分です。
音声の仕事を経験したこと無い人にとって、全体の音のバランス、個々の音源のオン・オフ感、音の硬さ、ダイナミックレンジ(音の大きさの大小の幅)、コンプレッションのかかり具合など、聴き分けるのは難しいと思います。耳が慣れて無いので。あと、セッティング中とか裏での細かい作業も多いです。
他の仕事で大変で、音声のことまで頭が回らないこともあるかもしれません。

でも、こんな環境で良い事もあります。
自分の好き勝手にできる!
ということで、ディレクターやアナウンサー、カメラマンなんかと意見が衝突することも少ないし、自分の好きなように音を組み立てていきたいと思います。何事もプラス思考にね!


でも、中には音のことある程度理解してる方もいますよ。一つ前のエントリー(サッカー北朝鮮戦)でコメント頂いた、ゆーすけさんは理解のある方だと思います。少なくとも音に対しての意識はしておられる。そう感じたので、このエントリー書いてみました。



只今のBGM。
Café del Mar, Volumen Once
B00026WSUWVarious Artists

おすすめ平均
stars久々に良いです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

良い感じです。まったり。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/13(月) 22:03:54|
  2. Work

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。