このボタンおせば 音楽かなでる

音のこと、その他、気まぐれて更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MTV Unplugged ayaka >>>6

(この記事は、後日、加筆・訂正する場合があります。)
絢香のコンサート、について、まとめ。ちょっと長めの稚拙な文章お許し下さい。
制作者サイドから、書く事にします。

なぜ、制作側?

この、MTV Unpluggedというのは、番組や、DVDなどのパッケージソフト、動画配信をメインとしたものであり、それを制作するために最大限の演出をしたコンサート。そして、我々、抽選で招待された入場者は、「ライブ感をより高めるために呼ばれたエキストラ」。つまり、エキストラとして、「絢香のアコースティックライブ」という作品を演出する者と解釈することにした。立派な制作スタッフの一員だ。そのために必要なことは、番組制作の邪魔はしない。携帯電話の電源オフなど、マナーを守る。そして、観客が楽しんでなければ盛り上がりに欠けるので、純粋に楽しむことによって、ライブを演出する。


テレビのスタジオで働いてた頃は、本業の音声のシゴトをしつつ、人やセットの動きを邪魔しないようにしながら、リハーサルの時の出演者役をしたり、番組の流れで、拍手したりタイミングよく笑い声を挟んだりしてたので、そんなイメージで。

入場してからは、運良くアリーナ席だったので、ステージ前に行って、セットの大まかな確認。マイクプランニング、モニタースピーカーの配置などを確認。オーディエンスマイクや、スピーカー配置、カメラ配置、調光卓、PAミキサー周りも確認。大阪城ホールを横向きに使う配置も◎。

これは、本当に完成度の高いアコースティックでライブを構築しようとの意気込みが感じられる。昼夜問わず多くのスタッフが、舞台セッティング、映像・音声・照明のセッティング及びそれらのチェック、リハーサルを入念にした努力の跡が。それに応えなければ。

そして、開演。ダイナミックレンジ大きいのに、適度な音量で自然なPA。収録がメインのはずなのに、観客席でもバランスの取れた奇麗な音。それだけで嬉しくてテンション上がる。
ちなみに、ステージのモニタースピーカーに布が掛けられていたが、本番中もそのまま。開演前にホコリなどが入るのをブロックするためのものだと思ったが、照明が当たった時に奇麗に魅せるための演出のようだ。十分音を通す布であれば、こういう演出もありかと思った。私は、無駄に音が大きいだけのコンサートなどでは耳栓して耳を守るんですが、全然不要。気持ちのいい音、ありがとうございます。
生演奏ならではの、音声の遅延差やかぶりも少し感じましたが、ライブなのでそれも良し。

全体的な演出・衣装・進行は、派手じゃなくシンプルに美しい。

そして、観客のマナーの良さ。抽選で招待したのもこういう意図があったかと思う。変に邪魔するうるさい観客も居らず、MCのときも静かで、絢香との会話に絡む時には、大声出した方との会話も成立する。まったく静まり返るということもなく、各所から、「おかえり~!」「絢香~!」等のコールが適度に入る。私の周囲に居たOL/女子高生/女子中学生の声援も目立った(笑)。私も釣られて・・・

絢香のネイティブな大阪弁は好き。奇麗。大阪育ちの方々はどう思われるかわかりませんが。幾つかの地域を渡り歩いた人間としては、未だに(関西以外でも)地元の言葉を喋れるのにある意味尊敬。私は、標準語と、似非関西弁(京都・神戸混じり)しか使えません。これも地元凱旋ライブにアットホームな印象を与える。ヴォーカル用のリバーブ(残響効果)と、MC用のマイク設定変更にミス無し。

ステージは、丁度、絢香が初めてジャネットジャクソンのコンサート観に行った場所らしい。マイケル&ジャネットジャクソンに影響受けて、音楽の道を志した彼女が、ここで日本人トップクラスの環境でライブをしていると思うと感慨深い。両ジャクソンの表現したものが、日本で、これだけレベルの高いアーティストを生み出す。そうやって音楽は進化していくんだなあと。


ライブの細かい内容は、>>>5のリンクで紹介して頂いてる記事や、MTVでの放送、ブルーレイ/DVDを鑑賞して下さい。ブルーレイ、アマゾンさんで予約しちゃいました。
B002UMFOD4MTV Unplugged ayaka [Blu-ray]
ワーナーミュージック・ジャパン 2010-01-20

by G-Tools

B002UMFO8YMTV Unplugged ayaka-初回完全生産限定版・CD付― [DVD]
ワーナーミュージック・ジャパン 2010-01-13

by G-Tools

あと、私はチケット当たるまで、絢香についてそんなに知らなかった者なので、熱烈絢香ファンのために、なるべく絢香本人への視界は妨げないようにした。

これ以上は文章では表せられないぐらい、幸せな空間でした。

番組制作の役に立てましたでしょうか?

またこんな機会に出会いたいものです。



Play List

M1「Jewelry day」
M2「I believe」
M3「手をつなごう」
M4「Why」
M5「グンナイベイビー」
M6「Human Nature/MICHAEL JACKSON」
M7「ブルーデイズ」
M8「三日月」
M9「おかえり」
M10「夢を味方に」
M11「ありがとう。」
M13「WINDING ROAD」

*** Encore
M14「みんな空の下」


今回、複数回に分けて記事を書いたのは、まず。忘れないうちにメモ。なるべく検索ワードに引っ掛かりやすい単語を列挙。検索で同様の記事をアップされてるのを探し、情報収集。そして、自分なりの見方でまとめる。という作業を数日かけてするためです。

あと、座席番号書いてみたら、周囲に居た方を発見できるかもと期待してましたが、チケット交換のサイトばかりしか見つからず残念。

インターネットの原点に戻って、自ら情報発信。検索エンジンが逆リンクされるので、同様の記事を拝見。そして私が気付かなかった情報を手に入れる。
Give&Takeの関係で、ブログを有効活用していきたいと思ってます。



DSC00019_convert_20091122141847.jpg
DSC00016_convert_20091122141739.jpg
DSC00017_convert_20091122142701.jpg
ayaka20091118
DSC00008_convert_20091122141944.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/11/22(日) 14:41:02|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mdr7506.blog11.fc2.com/tb.php/223-2e9decc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。