このボタンおせば 音楽かなでる

音のこと、その他、気まぐれて更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MUSE JAPAN TOUR @大阪城ホール

行って来ましたよ大阪城ホール!ちょっと長めの文章です。
このタイミングで更新なら、愛知県体育館参戦の方に読んでもらえるかな?

開演まで少し余裕あったので、OBP内で食事。

そして会場へ向かう。既に行列できてたので、すぐに自分のブロックの列へ並ぶ。
スタンディングだったので、早めに並んどいた方がいいかと。結果的にブロック最前の柵にべったりしないのなら、そんなに重要ではなかった。ただ、先に荷物預けてた人たちが薄着で寒そう…。

しばらくして、入場。荷物は預けられなかったが、外の寒さ考えたらまあ仕方ない。マフラーは鞄の中、片手でジャンパーを抱える。なんとかこれで乗り切れたが、両手で拍手したりがしにくかった。


ここから開演までの文章長くなりますが、それだけセッティング、打ち合わせの必要な豪華なステージだったので納得してる。ライブ本番中のパフォーマンスだけ読みたい方は、適当に飛ばして読んで下さい。

場所は中央後ろの方。個人的には広い会場でのLIVEはこの辺が好きなのでまずまず。ただ、身長高い方ではないので、ステージ下(アーティスト演奏するところ)は見難い。双眼鏡持ってったけど、それも役立たず。スタンド指定席でもよかったかな?と思う。客層は20代が中心だったかな?俺様は年齢上の方と思う。そして、白人など外国人がそれなりに混じってる。当たり前か。

開演までの時間は、BGMが適当に流れてる。おそらくPRODIGYなど流れてたので、イロイロUKのアーティスト流してたんだろな。あんまり詳しく無いので突っ込まないで下さい。
そのつなぎの曲が終わったと思ったら拍手喝采。でもまた別の曲が流れて・・・、開始予定時刻まではそんなかんじでまったりと。

ところが、開始予定直前の注意事項の女性アナウンスに、「機器トラブルで開演が遅れおります」的なことが。俺様的には、生放送中にOA上は誤摩化しながらセッティングしてた経験は何度もあるので、こういうイベントではそんなこともありかなと思ってたが、周囲が殺伐とした雰囲気にならないかが心配・・・

そんな時に拍手とか「ヒュー」といったコールが。最初はよく分からなかったが、スタンドでウェーブが始まる(笑)。外国人客たちが促したようだが、こういう時に会場を盛り上げてくれるオーディエンス最高!何度もウェーブが続く。

途中、ヘルメット被った人がステージ上方(天という意味の上ね:業界用語では、下手、上手という言葉があるので念のため。)へ上って行く。照明機器調整なのかな?

そしてしばらくして、男の人の声(主催の責任者の方かな?)で開始が遅れるお詫びなんですが、その内容が、「メンバーは只今会場に向かっている最中」的なこと。グッジョブ!会場内が笑いで包まれますが、開演時間の遅れに対してオーディエンスが納得できる理由。これが本当かどうかはわからんけど、この一言で会場は温まりをキープ。またウェーブやらなんやらで開演まで時間を持たせる。オーディエンス最高!


そして19時頃、照明が落とされて開演。演奏が始まり、ステージ後方に、LEDディスプレイみたいなのが3つ。音楽とともに、LEDで画像が。最初に、ドラムのドミニクが「オクレテー、ゴメンナサイ」と言ってたかな?意味分かってるかわからんけど、それはそれで良し。その後も「オオサカ、サイコー」とか片言の日本語が曲間に時々入る。

とにかく言えることは、音量がデカい。LED、スポットライト、広角・鋭角レーザー光線をつかったド派手な演出。どうやってリンクさせてるかはわからんけど、ドラムやエレギ、ヴォーカル等に完全に同期した派手な照明。それも曲ごとにちゃんとプログラムされてる。すげー。

ただ。俺様的には、映像のメッセージは、「ユーラシア大陸」を意識してる程度しかわかんなかった。ライブステージは専門ではないんでね。彼らの音楽には合ってたので良いんじゃないんでしょうか?

このブログ的には音のこと書かないといけないんですが、とにかくデカ過ぎ。耳栓しないとヤバいと思って、はめたよ。元々、ベースやキックの低域が特徴の一つであるバンドなので、重低音を体で感じたよ。久しぶりだなあ。この感覚。音の善し悪しは、判断できません。だって大き過ぎて反響しまくりだもん。倍の広さの会場でも十分使えるよ。
事前に彼らの曲を聴いてて、このライブ感を味わうのは良し。ただ、ここで初めて聴いて善し悪しを判断するのは違うかなと。他の環境で彼らの音楽聴いてみて、それとライブを知った上で感じて欲しい。彼らのメッセージを。

そんな感じでライブは大盛況で、俺様は曲名わからんけど聴いたことある的な感じ。他の方々のグログ記事など見ると、後半で新作アルバムの曲が多かったみたい。初期から知ってる人から、最近聴き始めた人まで、多くのオーディエンスが満足できる構成だったのではないでしょうか?

曲名は詳しくないけど、彼らの音楽の趣向は大好きなので、それを十分感じられた。

終盤(アンコールの時かな?)巨大な風船があちこちから飛んでくる意味分からんけど(笑)。とにかく、文章じゃなくて、体全体で味わって欲しい内容。堪能しました。大満足。


すいません曲名わからないので、他の方のブログからリスト拾わせて頂きました。

01.Uprising
02.Map Of The Problematique
03.Supermassive Blackhole
04.New Born
05.Hysteria
06.Guiding Light
07.Bliss
08.Jam
09.United States Of Eurasia
10.Feeling Good
11.Jam
12.Undisclosed Desires
13.Resistance
14.Starlight
15.Time Is Running Out
16.Unnatural Selection

E1.Exogenesis:Part 1
E2.Plug In Baby
E3.Knights Of Cydonia

B002MZQZXMザ・レジスタンス(スペシャル・エディション)
ミューズ
ワーナーミュージック・ジャパン 2009-10-21

by G-Tools


B000AMPZF8Origin of Symmetry
Muse
Warner UK Ltd 2005-09-20

by G-Tools


B000E6G18Uミューズ/ライヴ・フロム・アブソルーション・ツアー [DVD]
ミューズ
ワーナーミュージック・ジャパン 2006-02-22

by G-Tools


この記事を書くのに参考にさせてもらったブログにリンク貼って、トラックバック投げておきますね。たぶん、早い段階で記事にして公開して下さった方々は、おおよそ含んでると思います。
曲名は詳しく無いので他に参戦した方々の記事の方がは参考になりますよ。

▼MUSE@大阪城ホール 2010.01.09 セットリスト : -SuiciDe PaRty-
http://spunx.blog35.fc2.com/blog-entry-2060.html
ここからリスト頂きました。

▼MUSE @ 大阪城ホール : たくろーの どぉ~んと てんこもり!!
http://tenkomoristafftakuro.tenkomori.tv/e143016.html

▼Muse at 大阪城hall 2009・1・9 : UK indie rock melody haunts me
http://blogs.yahoo.co.jp/zzxxcc123451216/61048534.html

▼Muse Japan Tour 2010 @ 大阪城ホール : 助手席にマカロン
http://blog.livedoor.jp/la_al_lune/archives/51437511.html

▼1/9☆muse/JAPAN TOUR 2010/大阪城ホール : 薔薇色の日々
http://13th-gekkou.jugem.jp/?eid=1332

▼MUSE 大阪城ホール : フランス+雑貨+写真
http://blogs.yahoo.co.jp/le7france/6952068.html

▼MUSEのライブに行ってきました!@1月9日大阪城ホール : Eile mit Weile
http://eilemitweile.blog118.fc2.com/blog-entry-224.html

▼ MUSE  in  大阪城ホール : transfigurationの日記
http://d.hatena.ne.jp/transfiguration/20100109/p1

▼MUSE Japan Tour 2010 大阪 : PUNX SAVE THE EARTH
http://blog.livedoor.jp/number3104/archives/65269992.html

▼MUSE@大阪城ホール~①とりあえずセットリストだけ : Too much fever
http://feverstomach.blogspot.com/2010/01/muse_10.html

開始が遅れた事情で推測できることは、追記で書きます。
このライブ、とにかく演出が凄い。後日の名古屋、東京公演もそんな日程間隔無いのに。
あれだけの映像、照明、音声を組むのは並大抵のことではない。「メンバーが到着遅れてる」というのは、観客を納得させるもっともな理由。個人的にはこれは嘘だと思ってるが、最高の言い訳。グッジョブ!この大規模なセッティングのイベントでは、どんなトラブルが起きてもおかしく無い。トラブル以外にも、最終打ち合わせで詰め切れずに長引いたとかあっても、おかしくない。それでもオーディアンスを冷めさせなかった、会場の雰囲気は最高です!あの時、あの場所に居た全ての人が。

文章長くなりましたが、以上で~す。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/10(日) 22:51:44|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mdr7506.blog11.fc2.com/tb.php/256-e68d3269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。