このボタンおせば 音楽かなでる

音のこと、その他、気まぐれて更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誰がテレビをつまらなくしたのか

最近読んだ本です。
4569646263誰がテレビをつまらなくしたのか(仮)
立元 幸治
PHP研究所 2005-09-16

by G-Tools

僕自身、休職中は色んなテレビ番組見ることが出来たのですが、純粋に仕事とは離れて視聴者として視聴すると、秀作もあれば駄作も有りというのに、気付きました。
結局仕事中は、忙しかったのもあるのですが、自分の関わった番組や、同ジャンルの他局番組、毎朝何気なくチャンネル合わせてる番組しか見てなかったんですよね。色々気付くことありました。
なんかこの本読んでると、今では当たり前のようにあるテレビですが、地上波アナログ放送停波(2011年)のタイミングで、「テレビを持たない」という世帯が増えるかもしれませんね。僕は地上波デジタル開始と同時に買い換える予定で、24インチのワイドテレビを格安で購入したんですが、未だに現役。DVDも16:9で見れるし、特に不自由を感じない。ホームシアターも格安のを購入したので、DVDやXBOXは5.1サラウンドで楽しめるけど、AACには対応してない。デジタル放送には全く対応してない現状です。テレビ局員がこれじゃ地上波デジタルも期待できないのかな?とりあえず、番組制作サイドも、そして視聴者も、テレビに対して色々と考察するタイミングなんだろうね。
テレビ業界人も、今のテレビに疑問を感じる視聴者も、読んで欲しい一冊です。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/21(土) 20:21:00|
  2. Work

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。